重たい不用品処分マニュアル

重たい不用品処分マニュアル

自宅や実家に大きくて重たい不用品があるけれども、ひとりで運び出すのはとても無理だし、処分の方法もわからない…こんなお悩みをお持ちの方は多いと思います。不用品は手伝ってくれるご家族や友人がいれば、ある程度の量なら自力で処分することも可能です。しかし、空き家の整理などで重たい不用品がたくさん出る場合は、不用品回収の専門業者に作業を依頼したほうがいいでしょう。この記事では「重たい不用品処分マニュアル」と題して、不用品の処分方法について解説しています。ぜひ、参考にしてください。

重たい不用品を処分するには

机やタンス、ベッドやテーブル、壁面据え付け型のブックシェルフなどの家具は大きく、重いので、不要になったからといってそう簡単には捨てられないのが悩ましいところです。中には「こんな大きな家具、どうやって部屋まで運び入れたのだろう?」と考えてしまうぐらいの大物まで出てくることがあります。実家がしばらく空き家になっている場合、そうした重たくてかさばる家具がひとつやふたつではなく、数多く存在することもしばしばです。家具だけではなく、大型の電化製品や楽器なども不要になると処分するのに困ります。こんなとき、男手があれば少しは運び出せるかもしれませんが、高齢者や女性しかいない場合は、動かすことすら難しいでしょう。

このような重たくてかさばる不用品を処分する場合、本来は業者に依頼するのがもっともおすすめです。自ら汗をかく必要もなく、安全に、そして楽に重量物を処分することが可能です。しかし「どうしても費用を抑えたい」など、皆様それぞれ事情があると思いますので、この記事ではシチュエーション別に「可能であろう不用品の処分方法」をご紹介していきます。重たい不用品があっても、これでもう困ることはありません。

重たい不用品を自分で処分できるなら

重たい不用品を自分でなんとか運べる場合や、友達や家族に手伝ってもらえる場合はいくつかの選択肢があります。

ひとつめはお住まいの自治体が提供している粗大ゴミの引取サービスを利用して不用品を処分する方法です。自治体の粗大ゴミ引取サービスは、指定の場所まで来てくれることもありますが、希望どおりの日時に引き取ってくれるとは限らないので、自治体の処分施設まで持ち込むのがおすすめです。運搬用の自動車さえ用意できれば、比較的すぐに処分できるでしょう。ただし、自治体では引取不可の物もあるので、料金とあわせてお住まいの自治体のホームページにてチェックしておきましょう。

ふたつめは誰かに譲る方法です。不用品とはいえ、まだ十分に使えるものであれば引き取ってくれる人が見つかるかもしれません。ピックアップをお願いすれば、積み込みだけ手伝う程度で済むでしょう。友達や親戚などにあたってみると、誰か引き取ってくれる人が見つかる可能性があります。ただ、引き取ってくれる人が確実に見つかるかというと、これは「運次第」としか言えません。

最後は不用品回収業者まで持ち込む方法です。「それなら引き取ってもらえばいいのでは?」という考え方もありますが、この方法だともしかしたら自治体の粗大ゴミ引取サービスよりも安く済む可能性があります。ただし、業者により対応や料金は異なるので、この方法はあくまで条件がそろった場合のみに使えると考えたほうがいいでしょう。

重たい不用品を自分では運べない場合

自分では運べないし、手伝ってくれる人もいない場合は、不用品回収業者に頼る以外にも方法はあります。分解です。面倒なことは否めませんが、費用を抑えることを考えるならやってみる価値はあるでしょう。

大きな家具の場合は難しいのですが、組み立て式の家具なら、ゴミ袋の中に収まる程度の大きさまで分解できれば通常のゴミ収集日に捨てることができます。自治体のゴミ捨てルールに従って「燃えるゴミ」や「燃えないゴミ」の分別をしっかり行えば、何回かに分けなければならないとは思いますが、お金をかけずに不用品を処分可能です。

さすがに分解するのは難しいという方は、不用品回収業者に引き取ってもらいましょう。

重たい不用品が売却できる可能性が高い場合

不用品であっても、ブランド家具などの場合は売却できる可能性があります。いくら使用した物でも、高く評価されている物にはそれなりの価格がつけられるので、まだ比較的新しいものや、ブランド、デザイナーの製品の場合は相場をチェックしてみるといいでしょう。よくわからない場合は、家具に強い買取専門店に査定を依頼することをおすすめします。家具に強い買取専門店は販路を多く持っているため、ほかのショップでは買い取ってくれないような家具でも買い取ってくれることがあります。ほとんどの買取専門店が出張査定に対応しているので、問い合わせてみるといいでしょう。

出張査定を行っている買取店やリサイクルショップも、自宅や実家などに査定に来てくれます。自ら重たい不用品を運び出す手間もないのでおすすめですが、望むような査定額にはならない可能性も十分にあります。どうしても高く売却したいのであれば、ほかの方法を検討すべきですが、あまり高く買い取ってもらえない場合でも、粗大ゴミとして処分するよりはお得です。状況により判断しましょう。

インターネットオークションで売却する方法もあります。画像や説明文を自分で用意する必要がありますし、梱包も自分でやらなければなりませんが、希望に近い金額で売却できる可能性があります。大手の運送業者であれば梱包資材を用意してくれるはずなので、オークションに出品する前に、まずは運送業者に発送が可能かどうか問い合わせておきましょう。

重たい不用品は業者に回収を依頼するのがベスト

ご紹介してきたように、重たい不用品を自力で処分する方法はいくつかあります。不用品の状況次第では売却することも可能です。しかし、不用品の物量によっては、ご紹介してきたような方法で処分することは困難です。その場合は不用品回収業者に処分を依頼します。

不用品回収業者

不用品回収業者は、簡単に言えば「片付け」や「処分」を仕事にしている業者のことです。地域に根ざしたビジネスをしている業者が多いのですが、ほかの業者と提携することにより幅広いエリアにネットワークを持つ業者もあります。

重たい不用品の処分に業者を利用するメリット

なんといっても重たい不用品なので自力で処分するのは大変です。不用品回収業者に処分を依頼すると楽に片付けを終わらせられるほか、場合によっては自ら処分するよりも安く済ませることができます。

希望の場所まで来てくれる

不用品回収業者は、依頼者が希望する場所で不用品を引き取ってくれます。自治体の粗大ゴミの場合は、たとえ回収に来てくれたとしても自治体指定の場所まで自ら運ぶ必要があります。そのため、重たい不用品の場合は結局、誰かに手伝ってもらうはめになることが多いのです。

不用品回収業者なら、不用品の運び出し、車載、運搬まで、スタッフだけでスムーズに作業してくれます。

スケジュールを調整可能

不用品回収業者に引き取ってもらう場合は、日時の調整が可能です。自治体の粗大ゴミ回収では、そこまで柔軟にスケジュールは決められません。自治体側が指定する日の指定の時間に、指定の場所に不用品を出す必要があります。自治体の処理施設に持ち込む場合も営業時間内に持ち込まなければなりません。しかし、不用品回収業者なら、早朝や夜間を含め、幅広く対応してくれます。

自治体では引き取れない不用品も回収可能

不用品回収業者なら、自治体では引き取れない「家電リサイクル法」の対象になっている家電でも回収できる場合があります。テレビや冷蔵庫、エアコン、洗濯機などは家電リサイクル法の対象製品なので、処分方法が法律で定められています。また、パソコンも「資源有効利用促進法」により処分方法が定められているため、自治体では引き取っていません。

不用品回収業者なら「再販ができる場合のみ」これらの家電製品を買い取る形で引き取ってくれます。

このようにリサイクルしなければならない家電製品を引き取ってくれる可能性があるのは、不用品回収業者以外ではリサイクルショップや買取専門店になりますが、物量によっては対応できないケースもあるでしょう。

大量の不用品もすぐに片付く

長年、誰も住んでいない実家の片付けなど、大量の不用品がある場合でも、不用品回収業者なら手際よく作業を行い、すぐに片付けてくれます。空き家の片付けでは、大きく重たい不用品だけではなく、それこそさまざまなゴミや不用品が出てきます。このような不用品もあわせて、不用品回収業者ならあっという間に片付けてくれます。

手に負えない大型不用品も解体OK

運べないどころか部屋から出せないほど大きく重たい不用品でも、不用品回収業者なら回収してくれます。不用品回収業者には、物を解体する技術を持つスタッフがいるので、一般の方には手に負えないような大型の不用品でも運搬可能な大きさまで解体してくれます。また、実家の納屋や物置などに放置されている農機具、機械など、どうやって処分したらいいのか見当がつかない不用品がある場合も、不用品回収業者に相談してみるといいでしょう。

建材の破損を防げる

大きく重たい不用品は、たとえ自力で運搬できたとしても、部屋や家の周りで柱や外壁などの建材にぶつけてしまうことがあります。いくら注意していてもこれは起こる可能性があります。特に賃貸物件の場合は、原状復帰しなければならないため、傷つけてしまったら修繕しなければなりません。そうなると余計なお金がかかることになってしまいます。不用品回収業者に依頼すれば、建材を傷つけることなくスムーズに運び出してくれます。信頼できる業者なら、しっかり養生してから作業するはずです。

サステイナブルな世の中に貢献

近年、SDGs(エスディージーズ・Sustainable Development Goals)が注目されています。「持続可能な開発目標」としてニュースなどでもよく取り上げられていますし、街中のポスターなどでこの文字を見かけることも多くなりました。

SDGsの中には、17のゴールが設定されていて、そのエリアも多岐にわたります。その中で、気候変動や自然破壊への対策、クリーンなエネルギーの確保、消費や生産パターンの確保などいくつかのゴールを目指すうえで、不用品回収業者は大きな役割を担っています。不用品回収業者なら、リサイクルできるものはリサイクルしてゴミの量を極力減らしてくれます。もちろん、信頼できる不用品回収業者に依頼することが条件にはなりますが、不用品回収業者に作業を依頼することで世の中に貢献することができるのです。

不用品回収業者を利用するデメリット

不用品回収業者を利用すると、利用者や世の中にとってメリットは多いのですが、わずかながらデメリットもあります。

まず、不用品回収はビジネスなので、利用するとどうしても料金がかかってしまいます。これは仕方がないことです。最近は「トラック1台○円」など、リーズナブルな料金体系の業者も増えているので、どうしてもお金を節約したいという方は、このような業者を探してみるといいでしょう。

もうひとつのデメリットは「悪徳業者の存在」です。不用品回収のビジネスは、参入障壁が低いためかほかの業種からの新規参入がとても盛んなビジネスです。中には技術的に未熟な業者も存在するほか、必要な許可を得ずに営業している業者も存在しています。

不用品を引き取っておきながら山林などに不法投棄する業者が捕まったというニュースを耳にしたことがある方は多いと思います。不用品を不法投棄されてしまうと、仕事を依頼した方が処罰されることもありますので、業者選びは慎重に行わなければなりません。

しかし、業者を選ぶ際の確実な判断材料となると、なかなかないのが悩ましいところです。業者の選び方については、続いての見出しで詳しくご紹介します。

不用品回収業者を選ぶ際に気をつけるべきポイント

信頼のおける不用品回収業者を選ぶ際に気をつけるべきポイントはいくつかあります。しかし「これなら確実」というポイントは実はあまりありません。まずは高確率で「信頼できない業者」を見極めるポイントをご紹介します。

巡回している業者

「廃品を無料で引き取ります」などとアナウンスしながら街を巡回している業者の多くは無許可の悪徳業者です。基本的に商売ですから不用品を無料で回収できるわけがありません。不用品を積み込んでから高額の料金を請求されたという報告は後を絶ちません。

訪問してくる業者

通常、不用品回収業者が一般の家をアポイントもとらずに訪れることはありません。このような輩は、不用品回収というよりも、お金になりそうな物品を探すことを目的としています。高齢者宅を突然訪問して物品を持ち出すような悪徳業者も存在するようなので、絶対に家の中に入れないことが重要です。

ポスティングしている業者

ポスティングしている業者は、完全に悪質かというとそれは難しいところです。しかし、チラシにおいて「無料」などの言葉を使って宣伝しているところは避けたほうがいいでしょう。繰り返しになりますが、ビジネスである以上、不用品を無料で回収することは不可能です。後々、高額な利用料金を請求されるのがオチなので、無料をうたう業者は避けたほうがいいでしょう。

不用品回収業者のホームページ上でチェックすべきポイント

インターネット、そしてスマホ社会である現代では、不用品回収を依頼する業者を選ぶ際もインターネットを利用することが当たり前になりました。ここからは、業者のホームページ上でチェックすべきポイントについて解説します。

連絡先

ホームページを開設している業者であっても、会社概要や連絡先、保持している許可などが表示されていない場合があります。会社の情報は、どんな商売であっても重要なので、「連絡先がわからない・はっきりしない」という業者を信用する理由はありません。連絡先がはっきりしないのは、何か理由があるからだと疑ってかかったほうがいいでしょう。このような業者に関わると、高確率で問題に巻き込まれてしまいます。

料金体系

不用品回収の料金は、実際に見積りを依頼してみないとはっきりは決まらないのが普通です。ただし、業者がホームページ上で料金体系を明示していない場合は注意すべきでしょう。

最近はパック料金を提示している業者も多いので、料金体系のはっきりしない業者を選ぶ理由はありません。

不用品回収業者の料金体系は、パック料金(トラック1台積載し放題○円など)のほかに、基本料金(~3,000円程度)にプラスして回収品目ごとに料金が設定されているパターンがあります。不用品の量が多い場合はパック料金、少ない場合は回収品目ごとに料金が設定されているパターンのほうがお得です。

サイト上で相見積りが可能な比較サイトもあります。このようなサイトを利用すればエリアにおける相場はわかるので、活用してみるといいでしょう。

作業事例

ホームページ上に作業事例が掲載されているかどうかも必ずチェックしておきましょう。作業事例が掲載されていれば、これから依頼しようと考えている作業の料金がいくらぐらいになるのか見当をつけられますし、何より業者の仕事に対する姿勢を見極めるのに役立ちます。

口コミ

口コミは「お客様の声」などの形でホームページに掲載されていることが多いので、ぜひチェックしておきましょう。ただ、これだけでは「やらせ」の可能性もあるので、できればGoogleでも確認しておきましょう。これまでに良い実績を残している業者なら、Google上での評判もかなり良いはずです。

まとめ

「重たい不用品処分マニュアル」と題して、重たい不用品を処分する方法と、不用品回収業者についてご紹介してきました。大きく、そして重たい不用品を自力で処分するのは大変な作業です。空き家の片付けなど、物量が多い場合はなおさらです。状況をよく考えて、可能なところだけ自力で片付けることが、ストレスなく不用品を処分するコツだといえるでしょう。

 

 

posted by  山口えびすサポート

 

 

コラム一覧

山口県全域で回収、買取を行っています!

各エリアの回収・買取実績は以下リンクよりご覧ください。

価格表~他社様より1円でも高ければご連絡を~

  • 軽トラ半パック
  • 軽トラパック
  • 軽トラ山盛りパック
  • 2トン車パック
  • 2トン超山盛りパック
  • 割引パック

回収金額は
買取金額で相殺できます!!

  • 買取画像高年式家電
  • 買取画像骨董品
  • 買取画像アンティーク家具
  • 買取画像ブランド食器

その他、色々な不用品を積極的に買取中です。

 

 

お問い合わせ・お見積り

秘密厳守年中無休即日対応

中国地方どこへでもお伺いします。
年中無休8:00~20:00

通話無料0120-946-030

メール・LINEは24時間受付中!

PayPay キャッシュレス決済可能
クレジットカードのアイコンご予約の際におっしゃって頂ければ、各種クレジットカードでのお支払いも可能です

片付け割キャンペーン今だけ10%オフ

※期間限定です。※お早目予約の方のみ適用できます!※お問い合わせいただく際にクーポン利用の旨をお伝え下さい。


CATEGORY

お問い合わせ

中国地方どこへでもお伺いします。
年中無休8:00~20:00



えびすサポート
について

山口えびすサポートは、創業以来、事務所や一般家庭からでる不用品の回収・買取を行ってまいりました。お客様のご要望にお応えするため、365日、予めご連絡いただければ深夜作業にも応じ、回収・買取を行っています。

ここ最近では、事務所や一般家庭から回収・買取した不用品を資源としてリサイクルに努めています。私どもでは、これまでの実績と信頼、そしてリサイクルネットワークで限りある資源の有効活用を目指します。

これまでに多くのお客様のご支援を頂き、今日まで業務を継続する事ができました。皆さまと共に美しい日本、美しい地球を残すため努力をしてまいります。

今後とも山口えびすサポートをよろしくお願い申し上げます。


ごみ辞典

☓ クーポン画面を閉じる

片付け割キャンペーン今だけ10%オフ

※期間限定です。※お早目予約の方のみ適用できます!※お問い合わせいただく際にクーポン利用の旨をお伝え下さい。

価格表~他社様より1円でも高ければご連絡を~

回収金額は
買取金額で相殺できます!!

その他、色々な不用品を積極的に買取中です。

 

 

お問い合わせ・お見積り

秘密厳守年中無休即日対応

中国地方どこへでもお伺いします。
年中無休8:00~20:00

通話無料0120-946-030

メール・LINEは24時間受付中!

PayPay キャッシュレス決済可能
クレジットカードのアイコンご予約の際におっしゃって頂ければ、各種クレジットカードでのお支払いも可能です

片付け割キャンペーン今だけ10%オフ

※期間限定です。※お早目予約の方のみ適用できます!※お問い合わせいただく際にクーポン利用の旨をお伝え下さい。